業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm

1036円

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm:私たちにとって最も重要なことは、読者の信頼です。 素早い対応で梱包もしっかりして良かったです。\半額sale/,国内正規総代理店アイテム,最大15%offクーポン業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm
fc2ブログ

鹿島アントラーズ、助っ人陣合流

助っ人外国人の合流を伝える鹿島アントラーズFC公式Twitterアカウントである。
結婚式にて出国が遅くなったファン・アラーノを除く、クォン・スンテ、キム・ミンテ、ブエノ、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ、エヴェラウドの姿が動画に映る。
元気そうで何より。
いよいよ本格始動となる。
2022年シーズンはどのようなサッカーをするのであろうか。
楽しみである。

鹿島アントラーズ、伝説の英雄5人

鹿島アントラーズFCの伝説的選手5名を挙げるフットボールチャンネルである。
マルキーニョス、ビスマルク、小笠原満男、ジーコ、曽ケ端準をこの編集部は選出した。
これは納得である。
この次点やベストイレブンなどになると難しくなるところであるが、上位五人であれば外せぬこのメンバーで良いと強く同意する。
ジョルジーニョや柳沢敦、内田篤人、秋田豊などが次ぐ。
こうしたレジェンドを継いでいく選手が現れてくるであろう。
その筆頭が鈴木優磨である。

鹿島アントラーズ史上最強! 伝説の英雄5人。小笠原満男、曽ヶ端準…最強助っ人も

日本代表・荒木遼太郎、トレーニング風景

日本代表トレーニングキャンプの様子をTweetするサッカー日本代表 公式アカウントである。
荒木遼太郎の勇姿が伝えられる。
試合こそ新型コロナウィルスの影響にて中止されたが、練習は実施されておる。
フル代表の雰囲気は荒木にとってどのようなものであったであろうか。
森保戦術を理解し、この代表チームの一員として馴染んで欲しいところ。
この日本代表の救世主として期待しておる。

ブリーラム・ユナイテッド・石井正忠監督、初陣に勝利

初陣を勝利で飾ったブリーラム・ユナイテッドの石井正忠監督である。
これは朗報。
石井さんは持っている監督であることが伝わってくる。
更に勝利を積み重ねリーグタイトルを得るのだ。
楽しみにしておる。

ブリーラム・ユナイテッドを率いる石井正忠監督が初陣を勝利で飾る

鹿島の若きアタッカーコンビはいつか欧州へ向かうのか

上田綺世と荒木遼太郎の去就について記すthe WORLD誌である。
移籍情報サイト『Transfermarkt』の価格から彼らの価値を挙げる。
才能に比べれば、このサイトの金額はあまりにも低い。
だからこそ、欧州移籍の噂は絶えぬという状況になっておる。
我らも今冬の移籍を覚悟しておった。
しかしながら、この二人は鹿島アントラーズFC残留となり、2022年シーズンのタイトルを目指すこととなっておる。
ホッと胸をなで下ろしたところ。
この背景には、単に欧州の空気を吸いに移籍するといった無意味なことをしないという意識を強く感じさせられる。
3部リーグであったり、欧州でもその国のタイトルを目指さぬようなクラブに行ったところで、契約条項に振り回されて碌なことにならぬ。
それを理解出来ておる"賢い"選手であることがよくわかる。
とはいえ、そう遠くない未来に、この二人は欧州にチャレンジすることとなろう。
その際には快く送りさせる状況であって欲しい。
今季のタイトルは必至である。

鹿島の若きアタッカーコンビはいつか欧州へ向かうのか 市場価値アップの“上田&荒木”に熱視線

東京ヴェルディ・中後雅喜ユース監督継続

2022年シーズンも継続してヴェルディユースの監督を務める中後雅喜氏である。
若手育成の実績を積んでおる。
選手時代の終盤をこのヴェルディにて過ごし、三竿健斗とボランチを組んだことで知られる中後は指導者として順調な道を歩んでおるように見える。
良き人材を育て上げ、ヴェルディから鹿島へ移籍という道を作っていって欲しいところ。
育成力に注目である。

2022シーズン東京ヴェルディアカデミースタッフリスト発表のお知らせ

名古屋グランパス・レオ・シルバ、背番号16

名古屋グランパスにて背番号16を着けるレオ・シルバである。
マテウスにエースナンバーを渡した結果の空き番に入った格好と言えよう。
比較的登録選手数が少ないため、固定気味にシーズンを戦うことが予想される。
レオ・シルバはその中心選手として(鹿島戦以外で)活躍して欲しいところ。
また鹿島縁の選手としては相馬と金崎が昨季と同様の番号を継続する。
3人揃ったところで対戦したい。
楽しみな2022年シーズンである。

2022シーズン名古屋グランパストップチーム背番号決定のお知らせ

西大伍、古巣・札幌のキャンプに参加

北海道コンサドーレ札幌のキャンプに参加した西大伍である。
現在フリーの身であり、クラブが納得すれば獲得となろう。
西自身は、「僕の中ではもちろんここでやりたい思いはある」とやる気を見せるものの、札幌の竹林京介強化部長は、「単に練習参加させた訳ではない。プレーもそうだし、気持ちや、練習している他の選手に対するリスペクトがあるかなど含め、この期間に見ていきたい」と簡単ではない旨を述べる。
選手としてのクオリティ以上に精神面での影響力を配慮しておるように見受けられる。
ここでライトサイドを魅せダークサイドを隠し通せるかがカギとなろう。
札幌の判断は如何に。
注目である。

浦和退団のMF西大伍 古巣・札幌への復帰目指し沖縄キャンプ参加

浦和退団の西大伍が札幌キャンプに練習生参加 古巣復帰も視野か

サガン鳥栖・垣田裕暉、背番号19

サガン鳥栖にて背番後19を着ける垣田裕暉である。
2年を過ごした徳島ヴォルティス時代と同じ番号を背負う事となった。
徳島時代と同様に絶対的エースとして君臨して欲しい。
ゴールを量産し、鳥栖をJ1残留に導くのだ。
活躍を楽しみにしておる。

2022サガン鳥栖選手一覧

鈴木優磨、チームを勝たせられる選手っていうふうな番号にしていきたいと思います

背番号40について口を開いた鈴木優磨である。
「満男さんと比べるのは、まだまだですけど、長く鹿島を見てきたっていう意味では、僕がつけるべきなんじゃないかなっていう思いで、つけさせてくれと、(強化責任者の鈴木)満さんに言いました」と自身が強く要望を出したことが語られた。
復帰に際して強い気概があることも伝わる。
優磨はレジェンドへの道を歩んでおる。
その序章が今季発揮されるであろう。
2022年シーズンの鈴木優磨の活躍が今から楽しみである。

「僕がつけるべき」鹿島の鈴木優磨、伝統の“40番”を背負う覚悟。「この番号を見たとき、スイッチが必ず入る」

鹿島アントラーズ、新ユニフォーム着用撮影シーン

鹿島アントラーズの新ユニについての反応を伝えるFOOTBALL ZONE WEBである。
発表時には批判的な意見も散見されたが、こうして選手が着用した姿を見ると気分が高揚する。
ネットの意見も納得と言えよう。
2022年シーズン、このユニフォームにて選手が躍動する。
開幕が楽しみである。

「イケメン勢揃い」 J1鹿島、新ユニフォーム着用の撮影シーンに反響「かっこいい!!」

町田ゼルビア・山口一真、背番号19

町田ゼルビアにて背番号19を背負う山口一真である。
鹿島アントラーズFC時代の番号を得た格好である
また、松本山雅FCからの期限付き移籍ではあるが、片道の香りがプンプンする。
そして何より、登録ポジションがMFとなった。
町田ではFWではなく中盤にて起用される様子。
山口の速さとキック力を活かすには、最前線ではないという判断であろうか。
いずれにせよ、安住の地として町田に定着して欲しいところ。
活躍を楽しみに注目しておる。

PLAYER & STAFF
SEASON 2022

鈴木優磨・町田浩樹、日本代表に推す6人に選考

カタールW杯予選に向けて新たな戦力を提案するQoly編集部である。
そのメンバーに鈴木優磨と町田浩樹の名を挙げる。
攻撃力に疑問が持たれる森保ジャパンにこの荒々しいセンターFW待望論が元上がるのも納得である。
プレースタイルが泥臭いからこそ、こうした閉塞感をぶち破るに十分な資質を持っておる。
是非とも招集されて欲しいところ。
しかしながら、ここまでのメンバーを顧みるに序列が明らかであり、ここに割り込んでいくことは容易ではなかろう。
また、代表選考は監督の独断で決まっておるようには見えぬ。
様々な政治的背景が浮かび上がる。
また、CBは負傷者が続出しており、東京五輪メンバーであったマチは欧州組となったこともあり、招集の可能性が高まっておる。
逆にここで呼ばれぬようであれば、この先も難しいであろう。
来週に発表される日本代表メンバーはどのような選考になるのであろうか。
注目して待ちたい。

日本代表、2022年初戦で招集すべき6人の選手

荒木遼太郎、アントラーズの攻撃を担う存在感

荒木遼太郎について記すSportivaの原田大輔氏である。
昨季の躍動を軸に今季の更なる活躍への期待を伝える。
今冬の欧州移籍を封印し、背番号10でスタートする2022年シーズンはチームにタイトルをもたらす気概を感じさせる。
荒木のプレーを堪能し、勝利を喜ぶ。
それが今季の楽しみ方である。

荒木遼太郎に「2年目のジンクス」は関係なし。19歳でアントラーズの攻撃を担う存在感

松井大輔、安部裕葵のバルサB移籍は全く意味ない

安部裕葵のバルセロナB移籍などについてコメントした松井大輔である。
「(安部について)俺はバルセロナBチームに行っても意味がないと思っていた。普通のチームに行ったほうがいい。デカいチームのBチーム、あるいは『マン・Cと契約しました』とか、見栄えはいいけれど、そのあとがない。レンタル、レンタルになれば、いずれにせよレンタルの選手のまま。そのチームのスター、ヒーローにならないといけない。そこで確立したものを持って、別のチームに移籍していくもの。自分のチームが育てた選手なんだと証明してからでないと」と一刀両断しておる。
全くもって同意である。
バルセロナのトップチームに上がれる目は安部裕葵でなくともほぼ無い状況での移籍には全く意味がなかった。
単にスペイン3部に行っただけである。
そこで欧州スカウトの目に留まればステップアップもあったであろうが、高額移籍金が設定されてはそれも難しかった。
結果的に負傷とコロナを繰り返して、プレーする機会すらない状況に追いやられておる。
フットボーラーとしては危機的状況のように見える。
とはいえ、まだまあ安部裕葵は若い。
大学経由と思えば、心機一転もあろう。
新たな気持ちで次なるクラブを見つけて欲しい。
去就に注目しておる、

マン・C、バルサ移籍…松井大輔が「見栄えはいいが、意味ない」と警鐘を鳴らす。“ヒーロー”になってこそ出世できる。内田篤人と語り合う

札幌・興梠慎三、背番号23

コンサドーレ札幌にて背番号23を着ける興梠慎三である。
これは気になる番号である。
2005年に鹿島アントラーズFC入男児に背負った番号を選んだ意味を深く考えさせられる。
「初心忘れるべからず」と言ったところであろうか。
鹿島にてプロキャリアをスタートさせた気持ちを今回に重ね合わせおるように思う。
野性味溢れ、躍動感もたらせたプレースタイルを復活させて貰おうではないか。
注目しておる。

期限付き移籍で新加入の札幌FW興梠慎三 イベントで背番号23お披露目「体がぶっこわれても、チーム、ミシャのために頑張りたい」

SC相模原・梅鉢貴秀、背番号6

SC相模原にて背番号6を着ける梅鉢貴秀である。
昨季までの33番から主軸の番号となった。
金崎夢生リスペクトにて背負った33番であったが、その年に金崎は10番を背負い、且つ鳥栖に移籍して44番になった事が思い出される。
梅鉢もその呪縛から解放されたと思える。
このレギュラーナンバーのふさわしい活躍をし、再びチームをJ2に昇格させるのだ。
中盤にて躍動する梅鉢に期待大である。

2022シーズン背番号発表!

羽田憲司氏、U-21日本代表コーチ就任

U-21日本代表コーチに就任した羽田憲司氏である。
これは嬉しい。
昨年末に報じられておったが、こうして正式就任となると感慨深い。
大岩監督を支え、パリ五輪世代の選手指導に力を発揮して貰おうではないか。
その中心に、荒木遼太郎・染野唯月・松村優太・山田大樹らがおれば更に嬉しく思う。
強いチームを作り上げ、フランスの地にてメダルを得るのだ。
まずはアジア予選。
注目しておる。

U-21日本代表コーチングスタッフに羽田憲司氏、浜野征哉氏、矢野由治氏が就任

チーム始動二日目、鈴木優磨合流

チーム始動二日目をTweetする鹿島アントラーズ公式Twitterアカウントである。
鈴木優磨の合流を大きく伝える。
隔離期間を終え練習に精を出す姿が頼もしく映る。
また、新加入3人組のショットにて中村亮太朗と樋口優太のスパイクがミズノであることがわかる。
これはちょっと嬉しい。
鹿島としてはナイキになることが多いが、やはりミズノへのこだわりもを持っておる選手は応援したくなる。
二人の足技にて勝利に導いて貰おうではないか。
楽しみである。

中村亮太朗、甲府時代のゴラッソに感嘆

中村亮太朗のヴァンフォーレ甲府時代のミドルシュートを伝えるフットボールチャンネルである。
これはパワフルで素晴らしい。
中盤の底から地を這うシュートが打ち込まれれば、誰も対応出来ぬ。
これはふらの中学校の松山くんバリと言えよう。
当初は「北国シュート」と呼んでおられた「イーグルショット」はFWの得点力不足を補う必殺技である。
中村亮太朗にもこの能力でチームを救って貰おうではないか。
鹿島の"松山くん"・亮太朗の活躍を楽しみにしておる。

目が覚めるほどパワフル! 鹿島アントラーズ新加入MFのゴールが凄まじい! 相手のミスを見逃さず…

いわてグルージャ盛岡・中村充孝、背番号46

2022年シーズンの背番号を発表したいわてグルージャ盛岡である。
中村充孝は46番とのこと。
由来などが報じられれば知りたいところ。
盛岡をJ2残留に導くべく躍動するのだ。
活躍の報を待っておる。

【チーム】2022シーズンキャプテン・副キャプテン、選手背番号決定のお知らせ

荒木遼太郎、10番を背負いたい気持ちが強かった

チーム始動初日のオンライ取材に登場した荒木遼太郎である。
背番号10について、「自分の(東福岡高校の)先輩である本山(雅志)さんがつけていて、自分もつけたいなって思っていた。小さい頃からサッカーをする上で10番がエースストライカーと思っている。高校生、中学生も10番をつけていたので、10番にしたいという気持ちは強かった。少し迷ったけど、10番をつけて戦いたいと思ったのでお願いしました」と自らが申し出たことを明かす。
これは頼もしい。
チームを牽引する10番として2022年を託す。
10G10Aと10イヤーを彩るのだ。
期待しておる。

王座奪還を狙う鹿島が始動!新「10番」荒木遼太郎は、「やっぱりタイトルを一番に考えてやりたい」

鹿島荒木遼太郎、志願の背番変更「10番付けて戦いたい」10G10A目標

鹿島が始動 背番「10」荒木遼太郎が“10の誓い”「目標は10ゴール、10アシスト」

鹿島の新背番10、MF荒木遼太郎「10番を背負いたい気持ちが強かった」…今季初練習で意気込み

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm

今朝報じられたように西大伍の浦和退団が公式発表された。
今朝のコメントのように驚きはない。
そもそも昨季終盤や天皇杯での起用法を観ておれば誰の目にも明らかであった。
期限付き移籍された興梠も含めて、浦和というクラブはあからさま名部分が多いように思える。
他所様の事なのでどうでも良いことではあるが、それがクラブの"色"なのであろう。
またその時期から移籍先を探しながらも未だに決まらぬところが気になるところ。
よほど条件が難しいのであろうか。
能力を顧みれば引く手数多のようにも思えるだけに不思議に思う。
フリー移籍でこの才能を手に入れるのはどこのクラブであろうか。
注目しておる。

西 大伍選手 契約満了に関するお知らせ

鹿島興味のニコン、サンパウロ入団

サンパウロに入団が決まったニコンである。
鹿島が関心を持っておったとの噂もあったが縁がなかった様子。
少々残念ではあるが、現布陣にて今季は戦っていきたい。

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm

浦和レッドダイアモンズを契約満了にて退団すると報じられる西大伍である。
年末から噂が耳に入ってきておったので驚きはない。
ただメディアによると移籍先は決まってない様子。
J3をも含めて探すと伝えられるが、条件面が合うクラブがここまで見つからずにおるということであろう。
実力ならば折り紙付き、どのポジションもそつなくこなす。
西の次なるクラブは程なく決まるであろう。
注目である。

浦和 元日本代表DF西大伍が退団へ、昨季も出場25戦の実力派SB

元日本代表DF西大伍 昨季限りで浦和を退団…去就は未定

J1浦和の元日本代表DF西大伍が契約満了で退団へ J3も含め移籍先模索へ

レアンドロ、FC東京と契約更新

FC東京と契約を更新したレアンドロである。
先日の背番号発表時にレアンドロの名がなく、本人が困惑のTweetをしておったが、無事、2022年シーズンもFC東京にてプレーすることとなった。
この件は、端から見て、明らかにFC東京というクラブの落ち度としか思えぬ。
親会社が変わったことで、現場に混乱を来しておるのであろうか。
他人事とはいえ、残念な気持ちにさせられた。
逆に新日鉄→メルカリ時にスムースに行ったこともまた鹿島アントラーズならではの奇蹟だったとも感じさせられる。
段取りの良さも鹿島の特長。
これからもクラブ力を発揮していきたい。
また、今年こそはレアンドロと対戦したいところ。
楽しみにしておる。

レアンドロ選手契約のお知らせ

清水エスパルス・白崎凌兵、背番号18

清水エスパルスにて背番号18を着ける白崎凌兵である。
これはまた微妙な番号となった。
以前のような10番でも、白崎本人が好みの14番でもなく、それを因なんだ41番でもない。
何かしらの背景があるのであろうが、他サポとしては知る余地もない。
また、清水からのオファーに「迷いなく決めた」と語り、「鹿島と鳥栖で得たものはあると自負している。いいものを伝えていくのも自分の役割だと思う」と外に出て得る物が多かったことも明かす。
成長させ古巣に戻した格好である。
どのような選手になったか、対戦が楽しみである。

2022シーズントップチーム選手背番号決定のお知らせ

鹿島から4年ぶり古巣復帰の清水白崎凌兵「覚悟を持って」タイトル狙う

鹿島アントラーズFC、チーム関係者PCR検査陰性

チーム関係者のPCR検査の結果を公表した鹿島アントラーズFCである。
全員が陰性であったとのこと。
この結果にはホッと一安心である。
明日より、当該選手とその濃厚接触者、及び隔離中の外国籍選手以外のメンバーにて始動することとなった。
ちょっとしたアクシデントこそあったが、いよいよ2022年シーズン始動である。
気持ちを引き締めて走り始めたい。
本当の仕切り直しである。

トップチーム選手、チーム関係者のPCR検査結果について

Jリーグ、政府と協議

新外国人の入国について日本国政府と協議するJリーグ村井チェアマンである。
現時点の政府の方針では2月末まで入国が禁じられ、開幕に間に合わぬ公算が強い。
それに対して対応を図る動きが頼もしい。
是非とも豪腕を振るって貰いたい。
ここまでJリーグはクラスターも発生させておらず、非常に良く運用されておる。
この実績を前面に出して交渉を進めて貰おうではないか。
より良い理解を得られる事を望む。
一日も早い入国許可を勝ち得て貰いたい。
朗報を待つ。

Jリーグ 新外国人監督と選手の入国について政府と協議する方針示す

鹿島アントラーズ、2022年シーズン登録選手

2022年シーズンの登録選手・背番号を発表した鹿島アントラーズFCである。
かなりのサプライズがあった。
荒木遼太郎の10番、三竿健斗の6番、関川・5番は、チームを背負う軸としての期待が高まる。
関川が3番でなかったことには疑問が残るが、それはメディアの取材なりで明かされることとなろう。
そして、それ以上のインパクトは、鈴木優磨の40番である。
クラブレジェンドの再来と言い切れる。
この重い番号を背負い、チームを牽引し、タイトルに近づけてくれるはず。
また新加入の選手は、溝口・28、樋口・14、キム・ミンテ・20、仲間・33、中村・35、小田・16、名古・30となっておる。
なかなか興味深い。
キム・ミンテは札幌でも名古屋でも20番であったので思い入れがあるのであろう。
名古は前回と同様、小田は山本脩斗を引き継いだ格好である。
3番、4番、13番の欠番は気になるが、それを埋める選手がいずれ出てくることを望む。
いよいよ2022年シーズンが始まる。
快進撃に期待大である。

2022シーズンの登録選手について

日本国政府、入国制限を2月末まで延期

新外国人の入国制限を2月末まで延長することを決定した日本国政府である。
これは痛い。
鹿島アントラーズFCとしてはレネ・ヴァイラー監督や新コーチ陣が相当し、早くとも3月までは合流出来ぬ事となる。
キャンプはおろか開幕・序盤もコーチングスタッフが揃わずに行うこととなった。
残る岩政コーチもプロ指導経験は初である。
吉岡FD体制にとっては逆風の船出と言えよう。
とはいえ、逆境ならばこれまでもいくつも乗り越えてきた。
クラブ力とメルカルによるIT技術にて勝利を目指すのだ。
結束である。

J新助っ人 2.18開幕暗雲…入国制限2月末まで延長

鹿島アントラーズ、選手一名新型コロナウィルス感染症陽性反応

選手一名の新型コロナウィルス感染症陽性反応を公表した鹿島アントラーズFCである。
この件で明日よりの始動は延期され、関係者全員のPCR検査を実施するとのこと。
オミクロン株の強い感染力を考慮すれば、このような事態もあり得ること。
ただ早急な対応が出来ており、最善の手が打たれておる。
選手らの姿が報じられ、メディアにて練習風景が流れることを期待しておっただけに少々残念ではある。
とはいえ、もうWithコロナの体制が取られておることが伝わってきた。
陽性反応選手には養生を促し、陰性選手にて仕切り直しと行こうではないか。
明後日以降の日程を楽しみにしておる。

トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染症の陽性診断のお知らせ

ジェフユナイテッド市原・千葉・佐々木翔悟、背番号22

2022年シーズンの背番号を公表したジェフユナイテッド市原・千葉である。
佐々木翔悟は22番に決定した。
いわて時代と同様である。
思い入れがあろう。
同様に左CBで起用されるのかウィングなのか。
開幕が楽しみである。

◇2022ジェフユナイテッド市原・千葉 トップチーム選手

ザスパクサツ群馬・田中稔也・久保田和音、10番&16番

2022年シーズンの背番号を発表したザスパクサツ群馬である。
久保田和音は昨年同様に16番、田中稔也は新たに10番を背負うこととなった。
これは素晴らしい。
鹿島アントラーズユースの10番が、ザスパを牽引することとなろう。
稔也のテクニックでJ2残留に道美育のだ。
注目しておる。

2022シーズン選手背番号決定のお知らせ

Fマリノス・永戸勝也・小池裕太、コメント

左SBとしてFマリノスに新加入しコメントを発した小池裕太と永戸勝也である。
ライバル関係を前向きに受け止めておる。
そして永戸に関しては移籍の経緯についても語っておる。
「去年の後半はなかなか出場機会に恵まれず、もがいていたところにオファーをいただいた。僕のことをすごく評価してくれたという印象で、このチームでやってみたい気持ちは数年前から持っていたのであまり悩む時間はかからなかった。楽しみな気持ちになって決断した」とのこと。
与えられた背番号からも、ポジションは用意されておるのであろう。
この永戸の左足を封じきり、対戦時には勝利を掴み取る。
楽しみである。

横浜FMに強力LSBがダブル加入…永戸・小池裕が明かした“移籍の経緯”

湘南ベルマーレ・永木亮太、背番号41

2022年シーズンの背番号を発表した湘南ベルマーレである。
山本脩斗と杉岡大暉は昨年同様に16番と2番を背負う。
復帰した永木亮太は41番。
特別指定時に着けておった番号とのことで思い入れが表れておる。
アグレッシブなプレーにてJ1残留にじんりょぅするのだ。
対戦が楽しみである。

2022シーズン 全登録選手 背番号決定のお知らせ

Fマリノス、2022年シーズン・背番号発表

2022年シーズンの背番号を公表したFマリノスである。
永戸は2番、小池裕太は26番とのこと。
このあたりに期待の表れが覗える。
鹿島のレギュラーとセレッソのサブの差であろうか。
とはいえ、スタートラインと実力は別のモノ。
小池がポジションを得る可能性もあろう。
Fマリノスのレギュラー争いに注目である。

選手・スタッフ

伊藤翔、松本山雅退団

期限付き移籍期間満了にて松本山雅FCを退団した伊藤翔である。
クラブをJ2残留に導けず無念をコメントに残す。
この時期に発表そしてレンタル元の横浜FCから(現時点では)の発表がないところから横浜FCも退団し、フリーになったということなのではなかろうか。
得点感覚は天下一品であるこのセンターFWの次なるクラブはどことなるのであろうか。
去就に注目である。

伊藤 翔選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ

追記
14時発表の横浜FCメンバーに名があり、2022年シーズンは横浜FCにてJ1昇格を目指す様子。
ゴールの報を待っておる。

2022シーズントップチーム体制および 選手背番号のお知らせ

鹿島興味のニコン、インテルナシオナルと破談

SCインテルナシオナルとの契約が破談となったと報じられるアトレチコ・パラナエンセのニコンである。
ニコンは既に契約満了となっておりフリーにて獲得が可能の選手である。
Fマリノスと名古屋グランパスが正式オファーを出しており、鹿島も関心を持っておったと報じられるアタッカーであるが、状況を静観するところ。
鹿島としては、陣容はほぼ固まっており、獲得するには誰かしらを放出せねば戦力がダブついてしまうであろう。
ニコンにはサンパウロ入団が間近との報もある。
来たら喜び、来なければ縁がなかったと思うところ。
続報を待ちたい。

鹿島・横浜FM・名古屋にチャンス!?ブラジル人MFの国内移籍が破談

レアンドロ、FC東京メンバー発表に名前なし

FC東京の2022年シーズンメンバー発表に自身の名がなく困惑するレアンドロである。
レアンドロ本人は新監督のTweetにリプするなど、新シーズンもFC東京にてプレーする気持ちでおった模様。
しかしこの状況に困惑し、中国のクラブからのオファーを明かしながらも、FC東京からの連絡を待っておるとのこと。
これは代理人及びFC東京側の大失態のように見える。
こういった契約周りがはっきりさせぬまま公表してしまう体質がMIXIにはあるのであろうか。
いずれにせよ、レアンドロ自身が幸せにプレー出来る環境を与えて欲しいところ。
続報を待っておる。

FC東京レアンドロ「中国からオファーが…」まさかの“カミングアウト”に「暴露ワロタ」

サンジロワーズ・町田浩樹、親善マッチにてゴール

親善マッチにてゴールを決めたサンジロワーズの町田浩樹である。
ベンチスタートだったマチだが後半から投入され、20分でイエローカードを受けるなどアグレッシブな姿勢を見せた。
そして72分にCKからゴールを決めたとのこと。
またマチの出場している間は知ってせずに試合を終えておる。
これは大きなアピールとなった。
背番号も5番が与えられており、クラブの期待も覗える。
上々の欧州デビューではなかろうか、
更なる活躍の報を待っておる。

ベルギー移籍のDF町田浩樹が実戦デビュー戦で初ゴール!! 親善試合でアピール成功

京都サンガ・豊川雄太、背番号は23

京都サンガでの豊川雄太の背番号が発表された。
23番。
R・マドリー時代のベッカムや香川真司をリスペクトであろうか。
それとも、マイケル・ジョーダンにあやかったのであろうか。
いずれにせよ、攻撃を牽引するアタッカーとして活躍して貰おうではないか。
その本人は「サンガのためにハードワークして、たくさんゴールできるようにベストを尽くす」と語る。
プレースタイルが伝わってくる。
ハードワーカーとの対戦が楽しみである。

2022シーズントップチーム編成について

12年ぶりJ1の京都が新体制発表 曺貴裁監督「京都からサッカー文化を世界に発信する」

アビスパ福岡・奈良竜樹・杉本太郎・金森武志、背番号3・8・7

アビスパ福岡にて背番号3を充てられた奈良竜樹である。
これは少々驚いた。
奈良の3番へのこだわりとそして福岡が奈良に託した想いが伝わってくる。
請われた移籍を果たしたことがよくわかる。
2022年シーズンは恐ろしい壁となって立ちはだかってこよう。
奈良の守備を掻い潜りゴールを奪うのだ。
また杉本太郎は昨季同様に8番、そして金森武志は7番に昇格した。
二人ともアタッカーとしてポジションを確立し、福岡を象徴する選手となった。
今年もまた脅威となろう。
鹿島色の強い福岡との対戦が楽しみである。

2022シーズン新体制 および 選手背番号決定のお知らせ

ツエーゲン金沢・須藤直輝、背番号26

ツエーゲン金沢にて背番号26を背負う須藤直輝である。
鹿島アントラーズFC時代と同様の番号となった。
これは借りパクの可能性が低くなったように感じる。
金沢にて躍動し、愛されてもらいたい。
ゴールの報を待っておる。

2022シーズン新体制及び背番号決定のお知らせ

ベガルタ仙台・遠藤康、背番号50

ベガルタ仙台にて背番号50を背負う遠藤康である。
これはまた特異な番号を選んだという感想を持つ。
チーム最大番号という意味なのか、25番に2番目のクラブを懸けた形であろうか。
いずれにせよこの仙台にて光り輝いて貰いたい。
活躍の報を待っておる。

トップチーム選手・スタッフ

今冬のJリーグ移籍市場のトレンド

今冬の移籍市場について記す報知新聞の種村亮記者である。
大きなポイントは各クラブの財政悪化に伴う低予算であろう。
それに伴い、J2からのJ1引き上げが目に付く。
鹿島アントラーズFCもヴァンフォーレ甲府より中村亮太朗を引き抜いた。
大卒であり、実戦経験を積んだこともあってのターゲッタだったように見える。
当然即戦力の補強と言えよう。
ボランチとしてはキャプテンである三竿と助っ人のピトゥカが不動のポジションを得ておる。
ここに二人とはタイプの異なる中村亮太朗がどう絡んでくるのかが、2022年シーズンの注目である。
鹿島スカウトの目がどのように光ったのかも含めて非常に興味深い。
中村亮太朗の躍動を期待してシーズンインを待つ。
この時期の楽しみである。

今冬もJリーグ移籍市場のトレンドは「J2からの個人昇格」 J1クラブスカウトが明かす3つの理由

チーム始動日・キャンプスケジュール決定

シームの始動日及びキャンプ日程を公表した鹿島アントラーズFCである。
通常であれば前年中に発表しておったことであるが、新型コロナウィルスの影響にてレネ・ヴァイラー監督の来日が不透明であること、オミクロン株の急拡大にてキャンプのファンサービスについて確定させることが難しかったのであろう。
少なくとも、収まるまではクラブハウス及びキャンプの練習見学は中止となった。
また、監督の来日も不透明のため、計画などはオンラインにて共有し、現場は岩政コーチが仕切ることとなる。
岩政コーチの力量が試される。
ここで力を発揮し、より良いチームを造っていって貰いたい。
そして、キャンプ日程が、1月24日〜2月4日ということで、心配された荒木遼太郎と上田綺世の日本代表メンバーもキャンプには参加出来ることがわかった。
一安心である。。
更に開幕の1週前の3連休にはPSM水戸戦が行われるのではなかろうか。
詳細がどうなるのかを知りたいところ。
そしていよいよ新シーズンが間近となった。
楽しみである。

2022年チームスケジュールについて

鈴木優磨の移籍金は200万ユーロ

鈴木優磨の移籍について伝えるベルギー現地メディアである。
立石CEOによると移籍金は200万ユーロとのこと。
シントトロイデンとしては昨夏であれば500万ユーロであったところを売り時を逃した格好である。
逆に鹿島アントラーズFCは欧州リーグ17ゴールのストライカーを格安にて手に入れた。
この実績通りの活躍を期待する。
楽しみである。

Vorige zomer vroeg STVV nog 5 miljoen euro voor Suzuki, nu gaat hij weg voor 2 miljoen

高桑大二朗氏、川崎フロンターレのGKコーチに就任

川崎フロンターレのGKコーチに就任した高桑大二朗氏である。
U-20日本代表のGKコーチからステップアップした格好である。
鹿島にて三冠を達成したGKが川崎を強化することとなろうとは。
この高桑に鍛えられたGKからゴールを奪い勝利を掴み取りたい。
決戦である。

高桑大二朗氏 トップチームGKコーチ就任のお知らせ

伊東幸敏、ジェフユナイテッド市原・千葉から大分トリニータへ移籍

ジェフユナイテッド市原・千葉から大分トリニータへ移籍する伊東幸敏である。
これは面白い。
2021年シーズンのJEFは3バックへの移行などがありユキの出番は限られた。
大分トリニータの下平隆宏新監督は横浜FCにて4バックを基調としておったこともあり、2022年シーズンは大きなチーム改革が行われよう。
ユキの出番もあると思われる。
激しい上下動にて大分を活性化せよ。
ユキの躍動を楽しみにしておる。

伊東 幸敏選手 ジェフユナイテッド市原・千葉より完全移籍加入のお知らせ

伊東幸敏選手の契約について
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm

業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm:私たちにとって最も重要なことは、読者の信頼です。 素早い対応で梱包もしっかりして良かったです。\半額sale/,国内正規総代理店アイテム,最大15%offクーポン業務用ラーメンどんぶり白翔8.5リム丼・26.5cm